×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

激安タイヤの購入方法その1 中古タイヤを購入する

激安タイヤを購入する方法のまず1つめを紹介します。それは「中古タイヤを買う」です。「なんだ、中古か」と呆れてはいけません。中古市場には2分山や3分山の中古タイヤばかりだと思っていませんか?そんな事は全くありません。それどころか新品同様のタイヤもゴロゴロ転がっています。何故か?というと、タイヤやホイールをノーマルからインチアップする人たちが、ノーマルのタイヤを売るからです。どこでもいいので中古パーツショップに行って見ればわかるはずです。例えばレガシィのノーマルタイヤにホイールなんかは超格安でゴロゴロ売っています。新品タイヤの半分程度の値段で8分山程度のタイヤが買えてしまいます。中古タイヤだから、と敬遠しないで、格安のタイヤが欲しければ1度は覗いて見て下さい。

激安タイヤの購入方法その2 輸入タイヤを購入する

激安タイヤを狙っている人で中古タイヤは嫌だ、という人は輸入タイヤを狙ってみてはいかがでしょうか?最近は韓国、台湾、中国、タイ、フィリピンあたりのタイヤが格安で流通しています。値段は国産の約半分です。私も愛用しています。しかしながら新品タイヤを扱うショップではこれらの輸入タイヤを見る事はあまりありません。たぶんメーカーからの圧力だと思いますが・・・たまにあってもセールの目玉商品として数セットです。輸入タイヤが欲しい場合は中古パーツショップへ行くか(輸入タイヤの新品があります)、通販で購入する事になります。通販で購入したタイヤでも、最近は中古パーツ屋やオートバックス等で作業賃を払えば取り付けてくれますので安心です。半値で買える輸入タイヤ、検討する価値アリです。

激安タイヤ購入情報その3 輸入タイヤのインプレ

激安タイヤを狙ってる人の中には輸入タイヤに興味はあっても性能はどうなの?とお思いの方もいるでしょう。私も輸入タイヤを以前から愛用しているのですが、買うなら輸入タイヤの中でも実績のあるものにしましょう。例えば欧米のメーカーの標準タイヤとして供給されている、など。私がオススメ出来るのは台湾のフェデラルが1番、その次に韓国のクムホ、ナンカンです。輸入タイヤのレベルは、「輸入タイヤの上の上=国産タイヤの中の上」程度に考えておけばOKです。神経質な方にはオススメしませんが、普通に乗る程度の方は全く違和感を感じないはずです。私の感覚では、乗り心地が2分落ち、ウェット時の性能が2分落ち、くらいの間隔です。詳しくは2ちゃんねるなどにスレッドがあるのでそちらが参考になります。悪条件の中を走る人や最上のものを求める人にはオススメしませんが、「普通でいい」人にはオススメです。なにせ半額の激安タイヤなんですから・・・

Copyright © 2007 激安タイヤ購入情報